No.215 油滴天目の油滴に刻まれた涙痕  (戦国の世を駆け抜けた女) その17

このお話はフィクションです

小説「廻る糸車 ~ 伝説の美女 西施像奇 ~」刊行のお知らせ
著者である弊社顧問 種田稔一による、長年に渡り積み重ねてきた見識と豊かな創造力が凝縮された一冊です。 時空を超えて描かれる壮大な歴史ロマンを是非お楽しみください。
ご購入希望の方は、弊社にて販売致しておりますので、お問い合わせ下さいませ。(本の画像をクリックすると案内ページをご覧になれます。)



その17の1

その年、三木と東綱重の、無理難題の押しつけに、耐えきれなくなった、兄頼正と彼の取り巻きだった連中は、神無月も半ば、追い込まれるような形で東綱重に叛旗を翻しました。
しかし、起こした反乱は、それが起こる事を,予め(あらかじめ)予測し、待ち構えていた東綱重軍によって、(彼等に)打撃らしい打撃を与えることもなく、あえなく、頼正側の敗北で、収束してしまいました。
兄達、反乱に加わった武将達は全て、知行取り上げの上、斬首の刑に処せられ、その家族や領民たちも、残らず財産没収の上、領外追放となってしまいました。
こうして、東綱重は、最初からの計画通り、旧斎木領のうち、中の保の出城以北については、斎木家の持ち物だった城も、領地も、財産も、そのすべてを、自分の物としてしまいました。
頼正が敗北の末、打ち首になった事実は、綱重自身の口から直接お父様に、告げられました。
しかしお父様は、
「そうでしたか」と応えただけで、何の感情も表しませんでした。
お父様は、ここ僅かな期間内に遭遇した、あまりに非情な出来事の数々に、怒りだとか、悲しみと言った、感情を表す術(すべ)を、全て、失ってしまった様子でした。
何事が起こっても、その全てを、そのまま淡々と受け入れ、殆ど感情を表さなくなっていました。
私、美貴が、「私が、あいつの世話になる事に決めたことを告げた時も、能面のような顔で、「そうか」といっただけで、他に何も言いませんでした。
おそらく、何も出来ない、囚われの身である、自分の不甲斐なさに、全ての、外界からの情報の受け入れを遮断してしまわれた様子です。
後から考えますに、それが、精神が壊れるのを防ぐための、お父様にとっての唯一の防御手段だったのだと思います。
一方、私は、東綱重の世話を受けるに当たって、
「1、今後何があっても息子康継の命は狙わない。
2、父には、以前領主だった時代と同程度の待遇を保障する。
3、私、美貴の、牢内への出入り、並びに、牢内にいる父の世話をする事を妨げない」の三条件についての約定書をとることにいたしました。
何しろ当時の私は、綱重と言う男を、全く信用していませんでしたから。

その17の2

こうして取り決めをした翌日の夕刻には、綱重のお付き女中の一人が、早速、例の約定書を携えやってまいりました。
女は「殿様から、今宵の、夜伽をさせるから、直ぐに連れてくるようにとの仰せでございます。
そのままのお姿で結構でございますから、直ぐに牢から出て下さい」と申します。
「そんな事、突然言われましても、私ここしばらくの間、湯あみもしておりませんし、身に纏っている物も汚れていて、とても人様の前に出られるような状態ではございません。
用意をする間、少し待って頂きたいのですが」と言いましたが、女は、
「身体の清拭だとか、衣服などは、こちらで準備しておりますから、ご心配には及びません。
なにしろ、殿様が、お楽しみを、一刻も我慢出来ないご様子で、急いておられますから、御機嫌を損じないうちに、急いで参りましょう」といかにも意味ありげに、ニヤニヤと、下卑た笑いを浮かべながら急き立てます。
先日、綱重の前で、一旦は承諾したものの、私はまだ決心が付きかねておりました。
だからか、床に座ったままで、立ち上がろうとしても、身体の方が言う事を聞いてくれません。
「ああ嫌だ嫌だ、夫の仇であり、お父さまの領土を奪い、お父様を幽閉して今も、苦しめている張本人でもある、あんな狒々(ひひ:猿の妖怪)親爺に、身を委ねなければならないなんて。
こんなことなら、いっそ死んだ方がましだというのに、もしもここで、私が自殺でもしようものなら、お父様や息子康継が、どんな仕打ちを受けるかと考えると死ぬこともできないし。
あー、神様、仏様、助けてー。・・・・・・」
「それにしても憎っくき、綱重野郎め。
あんな奴、佛罰が当たって、死んでしまえ。地獄に堕ちろ。
七代生まれ変わっても、呪い続けてやるから、そう思え」
と床に座り込んだまま、ブツブツ呟いておりました。
そんな私に我慢袋の緒が切れたのか女は、
「失礼します。殿様のお許しを頂いておりますから、少し手荒かもしれませんが、お許しを」と言うや否や、
連れてきた下男に合図して、私を抱え上げると、そのまま廊下を引きずるようにして歩かせながら、綱重の寝ている奥の間の方へと引っ張っていきました。

その17の3

綱重は上機嫌でした。
「おお、よう来た、よう来た。
そなたと、わしとの間には、今まで、いろいろあったかも知れんが、これも今の世の中、お互い生き抜いて行くためには。止むをえん事だと思って、今日を境に、水に流してくれんか。
本当の事を言うとなー、そなたが十六,七だった頃に、このお屋敷で、そなたを、一目見た時以来、ずっと、そなたに憧れ、そなたの事を恋慕っておったんじゃわ。
今回、長い間の、念願叶って、そなたを手に入れる事が出来、こんな嬉しい事はないわ。
そなたとしては、このわしに、大変な恨みがあるだろうから、今すぐ心を許してくれとは言わんが、長い間、ひたすら、そなたの事を慕い続けてきた、
わしの心も察して、徐々で良いから、心を開いてくれんかのう。
その代り、絶対悪いようにはせんから」
「・・・・・・」「こんな奴に、心を許してなんか、やるもんか」と、腹の中で悪態を突いておりましたが、私は黙って、あいつの顔を睨みつけておりました。
「まあ良いわ。どうせ直ぐに心まで開いてくれるとは、思っとらんのだから。
でもなー、女の身体はなー、心とは別物だというぞ。
今はそんな顔をしているが、そのうち、わしなしでは、身体がうずいて持たんようにしてやるから、楽しみにしてな」
「自惚れないでよ。私を、そんな軽い女と思っているの。
私の恨みや憎しみはね、七回生まれ変わっても、消えないくらいに深いんですからね。
お前の思い通りになんか、なってなんかやるもんか」私、睨みつけながら、口の中で、モゴモゴ呟いておりました。
「そうか、そんなにわしが憎いか。そんなに悔しいか。
そんならそれでもいいわ。
憎みたけりゃ、憎め。
呪いたけりゃ呪え。
わしはなー、初めから喜んで身を任せてくるような女子(おなご)より、そなたみたいに、憎み、呪い、嫌がっているような女を、押さえつけて、有無を言わさず、自分の物にする時くらい、快感を覚える事はない男なんやから。
嫌がって暴れりゃ、暴れてくれるほど、やり(やる:セックスをする)がいがあるってもんよ。
悲しがったり、悔しがったりして涙を、流してくれりゃー
くれるほど、興奮するんやから」
と言うなり、私を布団の上に押し倒して、むしゃぶりついてまいりました。
彼は自分の知っている限りの技巧を使って、私を感じさせようと責めたてました。
その手に乗るものかと、私は、暴れもしなければ、泣きもせず、まるで木偶人形(でくにんぎょう)のように、身体の力を抜いて、ただ言われるまま、求められるまま股を開き、体位を変え、彼を受け入れ続けました。
しかし私の心は、覚めたままでした。
綱重が、懸命に、さすったり、揉んだり、甘噛みしたり、舐めたりしてくるのを、大きく目を見開いたまま、冷めた目をして、眺めておりました。
「馬鹿な奴、どんなに手を尽くしたって、感じるはずがないでしょ。
大体、チビ、デブ、デッパのお前なんか、私の趣味じゃないの。
お前のような男は、例えなんの因縁もない相手だったとしても、見るだけで、ぞっとするというのに、まして敵の(かたき)お前なんかに、感じ、喜ぶことなんか、あるはずがないでしょ。
額に汗して、懸命に、腰を動かしている、お前の姿なんか、見ていて、滑稽なだけだわさ」
「あーあ、早く終わらんかなー。早よ終われ、早よ終れ」
心の中で、ブツブツいいながら、綱重が、果てて、終わるのを、ひたすら待っていました。
しかし、悲しい事に、綱重めは精力絶倫でした。
彼は一度だけのお相手ではすませてくれませんでした。
少し休んでいたかと思うと、また元気を取り戻しては、挑み掛かってきての繰り返しで、終わって、きゃつが寝入った時には、もう東の空が、白み始めておりました。
お父様を守り、子を守るために義務的に行っているそれは、苦行以外のなにものでもありませんでした。
煩わしいと、突き放してやることも、蹴飛ばしてやる事もできず、さればと言って、きゃつめに弱みを見せないために、苦痛を訴える事も、涙をみせることもできませんでした。
私は、ただただ、黙って、奴の“いちもつ”を受け入れ続けました。

その18へ続く